母 シンガポールの思い出

母がシンガポールから帰国しました。

土産話を聞いたところ、私の母の想像力って、、、、、。

笑えるのでシェアしちゃおう。



ナイトサファリに行った時の事。

現地ガイドさんが日本語でガイドをしてくれたそうです。

ガイドさんは ところどころ 伸ばして発音する方らしく、、、

獲物がエーモノ に母には聞こえてしまう。


ちなみに 哺乳類は


ほーにゅーるい に聞こえたと、、、。


豊乳類

 一人シンガポールで笑いをこらえる母を想像しました。
[PR]
# by mifumifukoko | 2016-06-06 23:27 | お出かけ | Comments(0)

忙しい

変な時に学級委員になってしまったものだ。

本当のことは知っている人には誰にも言えないから ここに書くけれど、謝恩会なんてやりたくないのに 準備をしなければならないようだ。


当然 私の娘は不参加だ。
教師をやめてもらいたいと思っているくらい厳しい子どもだ。


私はといえば、全く感謝していないわけではない。

あの方が教師だったおかげで私は我が子と深い話を沢山出来た。
我が子が結構、物事をいろいろよく見て考えていると分かった。
保護者として偽善者はやめて
クレームはクレームとしてしっかりと伝えられる保護者になることができた。


どーせ やるなら 楽しくやろう。

本当は感謝の気持ちとかを伝えるって やりたい人が勝手に個人なり集団なりでやればいいのだ。

さて 何人来るのだろうか。。。。。
[PR]
# by mifumifukoko | 2016-01-26 01:51 | Comments(0)

担任不信で

我が子は不登校気味になりそうだ。

無理もないわ。



さてさて、どうするかな。
[PR]
# by mifumifukoko | 2015-11-28 22:39 | Comments(0)

良くも悪くも

教員は教員の味方をする。

まるで子供の言うことだけを鵜呑みにする親のようだ。

悪い教員の言い分を信じる。

私はモンスターペアレンツにならないように我慢している。



頑張って相手サイドに立ち、自分を落ち着かせようとしている。


うまくいかない時に家庭や、それぞれの生徒の特徴のせいだけにして自分への反省が微塵も無い(なさそうに見える)教師は、いかがなものか。


保護者が学校に苦情を言うのは、凄く気をつかうことなんです。(そうでは無い人もいるかも知れませんが)モンスターって思われたくないですからね。

自分の子が先生に嫌われて見捨てられないかを心配し、人質を取られているような気分のような人もいるでしょう。


それに何より、毎日見ていただいている感謝の気持ちも有りますしね。


それでも意見をしなければならないときは神経つかいますよ、本当に。
[PR]
# by mifumifukoko | 2015-11-11 01:15 | Comments(0)

自立

国も個人も基本的に自立が大事だと思う。

夫婦の関係は国と国との関係と似ている部分があるように思う。

得意不得意があるし、お互い様と感謝し協力できていればいいが、相手があまりにも調子にのっていたら縁を切るよと言える強さが必要だと思う。

夫の態度があまりにも悪く、「離婚をする意思があるよ」と伝えたことで、彼は態度を少し改めたように思う。

国もまた同じで、あまりにも理不尽な時は強気にでないと舐められてしまうだろう。


学校でいじめられる子は大抵、やられても騒がない子。
やり返したり言い返したりしない子。

国もそうでしょう?



先制攻撃は絶対にしないよ。
自分の国が攻撃されそうになれば守るために戦うよ。くらい言えないでどーすんの?



ってなことをFBで書けば、いろいろ面倒くさそうで、、、個人名の出ないこのブログで自分の考えを書いてみた。

 
[PR]
# by mifumifukoko | 2015-09-28 01:40 | Comments(2)